日本資料図書館連絡会 会則

  1. 日本資料図書館連絡会(Arbeitskreis Japan-Bibliotheken)は、日本資料を収集するドイツ語圏図書館で働く司書や実務者により構成される
  2. その目的は、次のとおりである
    日本関係図書館の現在置かれている状況について情報交換をすることにより、相互協力の意識を高め、協力体制を強化する
  3. 現在日本関係図書館に勤務していないが、日本資料や日本関係図書館に興味を持っている人も議決権のないオブザーバーとして連絡会に参加できる
  4. 連絡会はほぼ年2回の定例会議を行う

(2002年11月8日)

ニュース

定例会議

2020年3月12~13日にボーフム大学東アジア学部にて開催予定だった次回の定例会議は夏学期に延期されます。