日本資料図書館連絡会は日本資料を収集している図書館間の協力を推進する目的で1995年7月にケルンで設立されました。

連絡会活動の中心は定例会議であり、年2回、各図書館の持ち回りで開催されています。この会議には現在日本関係図書館に勤務していない方でも、日本資料や図書館に興味のある方ならオブザーバーとして参加できます。

連絡会では参加費を徴収せず、参加機関の有志によって運営が分担されています。また参加図書館同士はメーリングリストを通して情報交換を行っています。その他にドイツ語圏日本関係図書館ダイレクトリーの編集、セミナー共催などの活動も行っています。

ニュース

定例会議

2020年3月12~13日にボーフム大学東アジア学部にて開催予定だった次回の定例会議は夏学期に延期されます。